北京東方虹嘉紹介

会社の概要及び沿革   東方虹嘉組織図   要員構成
受注開発フロー   開発モデル   技術特徴
開発管理ー手法   セキュリティ管理  

会社の概要及び沿革

社名         北京東方虹嘉技術咨詢有限公司
本社所在地         中国北京市徳勝門外西三旗金燕龍大厦1707室
設立         2000年6月

東方虹嘉組織図

TOP

要員構成

経営要員
開発現場出身、日本向け開発経験8年以上くらい、実戦経験が豊富。
お客様とのコンミュニケーションを取れる。問題点の報告と分析ができる。かつ 解決できる   能力を持っている。

マネージャークラス要員
開発現場出身、日本向け開発経験5-7年くらい、日本の会社への1年間出向経験を擁して   いる、日本語で交流は問題がなく、プロジェクト管理経験が豊富。

ブリッジSE要員
日本の長期ビザを持っているSEは3名がいる、2名は日本で常駐開発している。

開発要員
日本SEの考え方及び設計手法を熟知、違和感がない。日本語の仕様書が読める。
TOP

受注開発フロー

TOP

開発モデル

完全オフショア現地開発モデル
"完全オフショア現地開発とは、日本顧客側より上流工程『上流設計 』を完了したものを受   け取り、下流工程『詳細設計一部、製造、単体試験、結合試験、システム試験、保守など   』を完成させる開発モデルです"

オンサイド + オフショア現地開発モデル
オンサイド+オフショア現地開発とは、私の会社の上流設計SEが日本側SEと同様に上流   設計工程『システム分析/基本設計/機能設計/詳細設計など』を参加させていただき、北   京現地まで上流工程の生産物、作業方法、設計の一部などを指導し、下流工程『設計の   一部、製造、単体試験、結合試験、システム試験、保守など』を完成させる開発モデルで   す。この開発モデルでは顧客との密接なコミュニケーション、上流工程における業務知識   の把握、迅速な対応などにメリットがあります。また、在日SEが北京現地での指導によっ   て、プロジェクトをスムーズに遂行できるという面もあります。

完全ラボ制現地オフショア開発モデル
"完全ラボ制現地オフショア開発とは、固定された開発メンバーが長期的なプロジェクトを   最大限に能力、ノウハウを発揮して完成させる開発モデルです。開発内容によって上流工   程、下流工程とも参加でき、プロジェクト開発における柔軟な対応ができます。開発メンバ   ー/費用の固定によってノウハウの再利用、開発の柔軟性、保守の容易さなどが特徴で   す。"

TOP

技術特徴

会社は次の開発技術及び開発言語を使用している

開発言語と技術 : JAVA / J2EE / JSP / XML / ASP.Net / VB.Net / C# / ASP /                                VB / PB / C / C++ / VC
OS          : Windowsシリーズ,UNIX,LINUX
CASEツール     : Rose / Erwin / PowerDesign
DB         : Oracle / SQL Server / MySQL / DB2 / SYBASE
MiddleSoft      : WebLogic / Websphere / IIS / Apache / Tomcat / Struts /                                Interstage Apworks / IJSERVER
TOP

開発管理 ー 手法

標準
ソフトウエア製品の品質、作業効率を高めて、それに対してやり直す割合を低めます。
当社のソフトウエア開発に関するプロセスの定義、規程、規範などを設定します。ソフトウ   エア開発各段階で使用するテンプレート、標準を整理します。
ソフトウエア開発実施過程中のフィードバックを収集、検討し、ドキュメント化されたポリシー   やプロセスや規程をメンテナンスして改善します。

品質管理
社員に品質意識教育を重視する。 PLにより、結合テスト、システムテストを担当します。   単体テストは開発チームの 実装担当者が担当します。開発者の間は互いにテストする。
テストチームがテスト仕様によってテストをする。テスト結果の集計、障害情報のステータ   ス追跡、成果物への変更手続き、変更履歴の確認などをする。
コーディング規約と業務仕様によって、定期にソースをレビューする。 問題点を纏めて解   決策を考える。

進捗管理
MSProjectツールで、プロジェクトメンバーも納得するスケジュールを作成し、共有する。
VSSやCVSなどのツールでソースバージョンを管理する。
プロジェクトメンバーは毎日進捗を報告する。最後進捗状況・予定・問題点・対策等を纏め   てから、お客様に報告します。
週に2、3回例会をして、進捗、問題点など検討して、リスク管理を行う。

構成管理
専用の配置管理ツールを使用します。全開発段階の成果物(ドキュメント、ソースコード、
  設計書など)を一元に管理します。
一週間に一回指定場所に、すべてのソースコード、設計書などをバックアップします。
メンテナンス段階に発生した変更対応や障害対応に対する修正には、元ソースをバックア
  ップし、修正内容に修正日付、理由などを明記します。成果物を変更する場合、変更前
  のバージョンも保存します。   設計書など)を一元に管理します。

障害票管理
障害票管理に専用の変更管理ツールを用いて、全開発段階の障害
  票を管理します。障害票の提出者は障害票を登録して、修正者は改修状態、影響範囲、
  改修個所等の情報を障害票に記述しなければなりません。
TOP

セキュリティ管理

守秘契約
会社と社員との間に守秘契約を結び、社員が退社しても、契約がずっと有効です

ドキュメント管理
関連資料を決まる場所に保管し、処分は顧客の指示に従います。資料とデータを社外に
  持ち出すことを禁止します

マシン管理
作業用のPCのPWを責任者しか教えません
ウィルス対策ソフト、Windows OSは常に最新状態を維持しています
TOP
| HOME | お問い合せ